ランカーズ 釧路。 【トラウト】北海道のおすすめの釣り具屋を厳選してご紹介します!

【トラウト】北海道のおすすめの釣り具屋を厳選してご紹介します!

トラウト釣り歴が長い人• そんなときは、支流を探してみましょう。 店内にはガイド、パイプシート、グリップ素材、装飾パーツなどロッドを構成するパーツ毎で陳列されているので、はじめての方でも目的のパーツを見つけ易い工夫がされている。 特にオリジナル製品についているロゴは目立ちますからね!」と荒井店長はTシャツのロゴを指さしながら笑った。 ランカーズではオリジナルロッド制作依頼ができるのとあわせ、ロッドビルディング入門者に適した「ファーストステップ」用のガイドセットやパイプシートも取り揃っている。 (笑) あの頃のことを話すと長くなるのですが、簡単にいうと1993年に新たな事業のひとつとしてプロショップ経営の話がもちあがりました。 「現在はこのランカーズを私1人で経営していますが、創業当時は3人でスタートしました。

>

「釣らせ屋」:本流~ホームへ

トラウトフィッシング初心者の方 お店情報 My Loch マイ・ロッホ• 川を開拓していくのも、トラウトフィッシングの楽しみの一つです。 続いて、最新のパーツを組み合わせたオリジナルロッド達。 最初から高いクオリティーを求めなければ、皆さんが思っているよりも敷居は低いのです。 でもここで1つの疑問が生じてきた。 詳細HP ・流 域 自 治 体 上士幌町、士幌町、音更町 ・生 息 魚 種 ニジマス、アメマス ・よく釣れる魚 ニジマス、アメマス ・支流数 6河川 ・橋の数 21本 トラウトが豊富な道東河川 道東には、トラウトが多く潜む河川がたくさんあります。 ロッドビルディングに関してもアメリカは日本より歴史が古く、身近な楽しみということを知っていただき、たくさんの方にチャレンジしてもらいたいです」 荒井店長にロッドビルディングについて語っていただいたが、25年も前から国内のみならず、本場アメリカから直接タックルを仕入れ、そのタックルの良し悪しを見極める目を持ち、釣具業界を牽引するアングラーとも交流がある店長が営むプロショップがここ土浦市にあることが確認できたインタビューとなった。

>

プロショップ LUNKER’S(ランカーズ)

店内に一歩足を踏み入れるとそこには本場アメリカのプロショップがひろがっていた。 北海道では多分一番ルアーのアイテム数が多いお店!ランカーズ釧路さんのロックフィッシュ大会に参加させてもらいました。 (に報告済です). (雄観橋下流端~ピリカネップ取水口はエサ釣り可能)。 「 いつ行ってもニジマスがいる」と言っても過言ではないくらい魚影が濃いので、「絶対釣りたい」「道外から来た」という方に是非行ってほしい河川です。 誰にも知られていない、トラウトがたくさん生息する、自分だけの釣り場が見つかるかもしれません。 ルアーからフライ こんな人にオススメ!• 支流のサクルー川にもニジマスがたくさん生息しています。 まずは、クラシカルなキャスティングハンドル(FUJI製)を装着したランカーズオリジナルロッドを手にする荒井店長。

>

【Orange Fishing】 ランカーズ釧路大会

高級な道具がほしい ロッド、リール、ハンドメイドルアー、ランディングネット、ウェアetc こんな人には向いていないかも…• 店の奥に伺うと荒井店長が、見覚えのあるロゴ入りTシャツを着て出てきてくれた。 ランカーズという店名もミズーリ州スプリングフィールドに実際にあったプロショップからつけました。 出典: 渚滑川はニジマスの魚影が濃い、言わずと知られた有名河川です。 ランカーズは、1993年当時からアメリカの最新タックルを日本の釣り人に紹介してきました。 『その未知のタックルを日本の釣り人に紹介したい』というのが、この店のコンセプトだったのです。 ソルトウォーターの老舗クラブに所属していながら、なぜバスのプロショップなのか? その点について、荒井店長に質問を投げかけてみた。

>

プロショップ LUNKER’S(ランカーズ)

来年は60ウサギアイナメ釣りたい!. あなただけの釣り場を探してみてください。 多分釣れているけどウェイインしなかっただけだと思われますw 良い大会でした。 たしかに店内にはバスフィッシングをやっている方なら、一度は目にしたことがあるロゴがついたアメリカ製タックルが多く見られるが、荒井店長の長年の経験から厳選された日本製タックルもバランスよく品揃えされている。 所在地 〒001-0019 北海道札幌市北区北19条西2丁目1-41ヴィラN-19• めちゃめちゃ釣れているw ウエィインしなかつたのはお一人いたらしい。 「店内をご覧になっていただいてお気づきと思いますが、ランカーズはアメリカ全土(カナダ含む)171店舗展開している巨大量販店の本社から直接仕入れていますので、他の釣具店では見られないタックルが目立つと思います。 出典: マイロッホは札幌市にあるトラウトに特化した釣具店です。 ここランカーズもそんな釣り人の憩いの場となるような店づくりを目指しています。

>

「釣らせ屋」:本流~ホームへ

ここまでは、ランカーズと荒井店長の経歴について伺ったので、次にランカーズの店づくりについて伺う。 では、その『タックル』を自ら手掛けることができる「ロッドビルディング」についてもお話しいただく。 出典: 阿寒川は、阿寒湖を水源として元阿寒町(現釧路町)を流れる河川です。 「店づくりいうとおおげさかもしれませんが、ランカーズはお客様とともに楽しみ、悩み、一生涯付き合い続けるプロショップでありたいと思っています。 まず、店長である荒井淳一さんの経歴について伺う。

>

「釣らせ屋」:本流~ホームへ

渚滑川を流れる滝上町は、ニジマス釣りを観光資源とし、町で 「 滝上町渚滑川魚族保護のためのキャッチアンドリリース条例 」を制定してキャッチ&リリースを町の条例で定めるほど、ニジマスが有名です。 1993年といえば、釣具業界におけるブラックバスのバブル景気がやってくる少し前となり、ここ霞ヶ浦においてもブームの兆しがみえはじめた頃。 どちらかというと他の2人に私が誘われてはじめたプロショップなのです。 ルアーフィッシングは、野生動物を相手に1対1で成り立つゲームであり、べつの意味では自分が信じたタックルを駆使してのぞむ騙し合いです。 時には本流河川が人気で、魚がすれてしまっていることがあります。 今回紹介した本流以外の支流や用水路のようなところにも、魚がたくさん潜むポイントが存在します。 滝上町は山に囲まれた町であるため、熊の出没が多く確認されおり、至る所にに熊の標識が表示されているので、一人での入渓は避けましょう。

>

【Orange Fishing】 ランカーズ釧路大会

各ポイントには釣りの案内看板が設置されているなど、初めての人でも安心して釣りをすることができます。 JR常磐線土浦駅から南西にすこし行くと春には桜が満開に咲き誇る「桜川」にぶつかる。 ランカーズを一言でたとえるなら、「アメリカのロードサイドにある釣具店をそのまま日本に移設したようなプロショップ」がイメージしやすい。 本日はホーム釣行へ行く前に、雨の後の状況を見たくて本流へ・・・ 到着すると、カヌー着き場でバタバタしている人が・・・ !!釣れてんの?! っと、車の窓を開けて写真を撮ってから、自分も少々釣りを・・・ 本日はホーム釣行の予定でしたので、ルアーで頑張りましたが10分持たずに 心が折れました・・・ ならば!!と、みどりさんにフライロッドを借りて振りましたが、リトリーブの指がモゲル・・・ 写真ばっかり撮って、みどりさんとお別れをしてホームへ・・・ いいね!ホーム! 癒されました~ ランカーズ釧路様の店内レジ左に、オレンジリボンの募金箱が設置されております。 約50人が集まりスタート! 早速アチコチでロッドが曲がります! 今回のターゲットはアイナメとソイです! 釧路方面で良く釣れるウサギアイナメ!これがメインターゲットになります。 「ロッドビルディングの楽しさは、自らがデザインしたロッドができることに尽きると思います」と言いながら、店の奥からオリジナルロッドを出してきてくれた。

>