西田 敏行 コロナ。 西田敏行の訴えは俳優の危機にあり!覚醒薬で現在歩けないって本当?

俳優・声優の約7割、新たな仕事依頼「まったくない」 4月の収入50%以下が5割超

西田敏行 要望書の内容は?芸能界への影響は?【画像】 日本の俳優連合の理事長が西田敏行さんなのはご存知でしょうか。 — なびすこ。 元々個人事業主の俳優なんてそんなもの いまさら何を政府に助けを求めてるのか 俳優だけではなく、今は全ての一般企業も自粛自粛で大変な時なんだから俳優だけが特別みたいに言ってるのは大間違い そういう状況が嫌なら俳優やめて普通に働けばいい昔から芸能人なんか不安定職業の代表だろ 何を今更って感じ• 劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。 そんな中、西田敏行さんが要望書を提出したことが取り上げられています。 「私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております。 とりわけ俳優の場合、ほとんどが個人事業主、つまりフリーランスの上、イベント中止で仕事がなくなっても、キャンセル料の話し合いにすら至らないという。 この日本俳優連合の理事長が西田なのだ。

>

俳優・声優の約7割、新たな仕事依頼「まったくない」 4月の収入50%以下が5割超

「予定していた公演が次々に中止になって、これがいつまで続くのか……そう思うと本当に怖いです。 フリーランスや個人事業主や俳優の方で、サラリーマン並みの割合で税金を払っている人はほぼいないはずです。 当時、松竹労働組合の中央書記長だった梯(かけはし)俊明さんはこう振り返る。 「予定していた公演が次々に中止になって、これがいつまで続くのか……そう思うと本当に怖いです。 俳優としての仕事はこれからもどんどん中止になっていくことが目に見えているので、バイトを増やして生活していくしかないですね」 この言葉を聞けば、現状がわかりますが、もともと不安定な職業であることは間違いなく、売れない時期はバイトなどで生計を立てている人もたくさんいます。

>

日本俳優連合は、新型コロナウイルス感染症の対策に関して、内閣府と厚生労働省へ、要望書を提出いたしました。

・しかし公演の出演者のキャンセル料等の相談には到底ならないケースが多く、私生活に困窮する事態が見え隠れしています。 安倍政府のコロナ緊急対策に盛り込まれている助成金は、仕事を休まざるを得なくなったフリーランスに対し、1日一律4100円を給付としている。 個人または小規模で仕事をしている方々はたくさんいますよ。 新型コロナウイルスの影響で、舞台や公演が次々となくなっているこの事態に、西田敏行さんは動いているようです。 3月5日、『日本俳優連合』は安倍晋三首相、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働大臣宛に 『新型コロナウィルス感染防止措置に伴う公演などの中止に伴う声明 及び働き手支援についての緊急要請』という要望書を提出した。 それでは、「西田敏行 訴え」について報じられた内容を見ていきましょう。

>

新型コロナで西田敏行が政府に“俳優の危機”を訴える、過去にも“仕事仲間”を激励|ニフティニュース

今、全国で困っている人は相当数に登ります。 まとめ:「俳優の危機」西田敏行の発言に対する批判続出!叩かれる理由と詳しい要望内容も 西田敏行さんが理事長を務める日本俳優連合が、政府に提出した俳優の危機に関する要望書。 サラリーマンなら収入に応じた保険料が天引き積立されてるから失業休業に補償が入るが、稼げる時に負担しない俳優が補償だけ欲しいは狡い。 しかし、雇用形態によって、下記のような差別がある状況です。 もともと政府が発表していた緊急対策には、臨時休校の影響で仕事を休んだ場合に支払われる助成金が含まれていました。

>

新型コロナで西田敏行が政府に“俳優の危機”を訴える、過去にも“仕事仲間”を激励(2020年3月18日)|ウーマンエキサイト(4/5)

劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。 舞台を中心に活動する俳優はコロナウイルスの影響について、次のように話す。 しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています。 舞台俳優は1つの公演がなくなって、アテにしていたギャラがなくなってしまうと、本当に生活ができなくなってしまうという人も多いので……。 — そのへんのひと。 — Yahoo! 今回、要望書を提出した西田だが、芸能界のために彼が動いたのは初めてではない。

>

西田敏行の訴えは俳優の危機にあり!覚醒薬で現在歩けないって本当?

要望書にあるように、このまま改善がされないと、生活にも困っていくだろうということが目に見えていますので、『日本音楽家ユニオン』など、ほかの団体とも連携しながら、今回要望書を提出させていただきました。 スポーツイベントのように無観客で成り立つわけではありません』と説明し、スポーツファンから大バッシングを食らっていました。 要望書のなかで西田は、 《私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております》 《しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています》 《私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態です》 と、俳優たちの現状について訴えた。 失うことなく働ける現場を確保して下さい 皆さんの仲間 俳優 西田敏行」 釣りバカ日誌11の撮影中に、 大船撮影所の売却話があがり役者中心に反対活動が起きました。 西田が理事長を務める日本俳優連合は、テレビ局などの制作側と対等な出演契約を結ぶことが難しい俳優の権利を守る団体として1963年に発足。 「普段華やかな生活してるくせに」って、本気で言ってる?俳優さんは9割貧困、死活問題だぞ。

>