債権 者 平等 の 原則。 1.1 債権とはどのようなものですか?

個人再生で問題になる債権者平等の原則をわかりやすく解説!

何かと便利な債務整理手続である個人再生手続ですが、裁判所を用いる以上、債権者平等の原則に反するような対応は許されません、 泉総合法律事務所では、これまで多くの借金問題を個人再生手続で解決してきた実績があります。 全債権者を相手に個人再生による借金の減額や免除の効果を及ぼさなければ、債権者の間に不平等が生じてしまうからです。 つまり、 20万円の旅行代金を支払った人は、返金されても7,000円程度となってしまったのです。 債権者代位と詐害行為 いずれも、条件を満たすときに債権者が債務者に代わって行う権利です。 え?そんなもんなの? はい。 3.債権者平等の原則による影響 個人再生手続では、債権者平等の原則があるため、 全ての債権者を手続の対象としなければなりません。

>

「債権者平等の原則」とは?世話になった人に優先して借金を返していいの?

前項でご説明したとおり、支払不能の状態に陥った後に一部の債権者だけに支払いをすることはできません。 債権者とは、特定の人物 債務者 に対して 一定の給付を請求できる権限を持つ人のことです。 (1)自己破産のケース 支払不能状態に陥った後に特定の債権者にのみ返済することは、「偏頗弁済」として破産法で禁止されています。 保証人は、いわば 人的担保です。 個人再生の場合 偏頗弁済をしていた場合は、その額を最低弁済額に加えて再生計画案を作る必要があります。 しかしこれは、そもそも借金を返さないBが自ら引き起こした結果です。 もしBが金を返さないままなら、判決文はただの紙切れとなってしまいます。

>

民法第303条(先取特権の内容)の解説

支払不能状態に陥った後は、たとえ厳しい催促を受けたとしても、一部の債権者だけに支払う行為は債権者平等の原則違反となります。 このような不平等を防ぐために、債権者平等の原則を守る必要があります。 違反すると、免責が許可されないことになっています(破産法第252条1項3号)。 つまり、 Bは債務不履行に陥っているのです。 例えば、BがAから借金をしていて、Bの保証人がCの場合、Bが借金を返せないときに、CがBの借金を肩代わりすることになります。 そこで、AはBにその事業資金として200万円を貸した。 悪意の受益者(704)は損害の全部を返還しますが、善意の受益者は利益の損する限度(現存利益)の返還にとどまります(703)。

>

「債権者平等の原則」とは?世話になった人に優先して借金を返していいの?

法人・会社の自己破産でお困りの方がいらっしゃいましたら,債務相談2000件以上,自己破産申立て250件以上,破産管財人経験もある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談ください。 健康保険料 は債権者平等の原則とは関係なく支払い義務があります。 つまり、その適用外にすることができるのです。 買主Bは「月内に代金を支払う」という約束をしたのにもかかわらず、月末が過ぎても一向にその代金を支払いません。 金銭債権 金銭債権とは、金銭の請求を行う債権のことです。 債権者平等の原則とは ・すべての債権者 カード会社やお金を貸している人 を平等に扱わなければならないルール ・債務整理の前後に偏った返済をしたり、裁判書に特定の借金を隠したりしてはならない ・裁判所を介した債務整理 個人再生・自己破産 で適用される ・債権者平等の原則は債権者 カード会社やお金を貸していてる人 を保護するためにある• 新たな返済計画が裁判手続きによって強制的に決められるわけではなく、債権者と債務者の合意によって定められるため、任意整理においては債権者平等の原則は適用されません。 先取特権の性質 法定担保物権 先取特権は、当事者の意思に関係なく、民法その他の法律で定められた要件を満たせば、当然に発生する。

>

24 民法用語(3)債権

1番最初にお金を貸したのはAなのに? そうです。 【住宅ローンの残るマイホームは残せることがある】 もともと、個人再生手続のメリットは、自己破産手続のように財産を失わないで済むことにあります。 (破産管財人の権限) 第七十八条 破産手続開始の決定があった場合には、破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利は、裁判所が選任した 破産管財人に専属する。 5、友人からの借金を債権者平等の原則に違反せず返済する方法 ここまで、債権者平等の原則の内容とその例外についてご説明してきました。 そして、債権者Aの立証・主張が認められれば 「BはAに対し金300万円を支払え」 というような判決文を裁判所が書き、無事、Aの 勝訴となります。 そこで,債権者の手続保障が重要な理念となります。 担保物権の代表:抵当権 担保物権にはいくつかの種類がありますが、その中でもっとも現実に利用されていて、代表的な存在が 抵当権です。

>

その他―債権者平等の原則

尚、債務不履行についてはも、損害賠償についてもご参照ください。 債権者は、裁判所を使って強制的にその債務を履行させることが できる、つまり、債権者Aは、訴訟を起こすことが できるのであって、実際に訴訟を起こすかどうかは、 債権者Aの自由なのです。 まず,破産手続が開始されると,債権者は 破産手続によらなければその債権を行使できませんし,債権者の個別執行も出来ません。 個人再生・自己破産における裁判所のように、中立の第三者機関が監視しているわけでもありません。 ただし、先取特権者は、その払渡し又は引渡しの前に差押えをしなければならない(ただし書)。 だから 「人的担保」なのです。 いずれも債務者に責任があることに限られ、始めから履行ができないことを「 原始的不能 」といい、契約は無効です。

>

個人再生で問題になる債権者平等の原則をわかりやすく解説!

たとえば、個人再生を申し立てる時点で財産が100万円しかなかったとしても、その前に友人に対して50万円を返済していると150万円を返済しなければならなくなります。 再生計画の案に基づく返済ができる見込み(「再生計画の履行可能性」と言います。 他方、住宅ローンとサラ金・カードローンの金利には格段の差があるので、違う扱いをしても合理的な差別として許容できる。 充当と相殺の違いは条文で確かめてください。 話し合いによる解決を優先しよう そもそも経済的合理性のみで解決できない事態に陥っていることも多々あります。 債権者が請求するものによって債権者の種類も変わります。

>

債権者とは|債権者の5つの効力と債務者との関係|債務整理ナビ

債権者の手続保障 総債権者の利益を確保するためには,債権者の平等を図るだけでなく,すべての債権者に権利行使の機会を与える必要があります。 このように、 民事訴訟の世界では、実際に訴訟を提起するかどうかは、 訴える者の自由なのです これを 処分権主義という。 税 当事者間のによる例外 約定 当事者(者と者)間ので、者の特定財産に質権・抵当権・権といった約定が設定されたには、その者(者)は他の者に優先して、その財産から弁済を受けることができます。 破産手続きは裁判所を通して行う手続きですから、それぞれの債権者が個別勝手に債務者の財産に手を付けることはできません。 動産の先取特権 特別の先取特権とは、債務者の特定の動産を目的物とする先取特権である。

>