河野 太郎 目安 箱。 河野太郎行革相が早速『目安箱』設置「全てのメールに本人が目を通します」 反響大きく…「さすがの行動力」

河野太郎行革担当相のサイトに「行政改革目安箱 縦割り110番」設置の問題点|ニフティニュース

菅義偉首相が16日夜の就任会見で、省庁の縦割り打破を目的に河野氏に設置の検討を指示していた。 ご覧くださりありがとうございました。 かつて、金子恵美参院議員が公務以外で公用車を利用していたことが発覚し、問題になったことがあった。 行政改革目安箱が設置されました。 以上のことを考えれば、河野太郎氏個人のWebサイトに行政改革担当大臣としてのフォームを載せるのは到底ありえない話で、そもそも内閣府に設置することがすぐできるのであれば、最初からそっちでやれば良いのである。

>

河野太郎大臣の行政改革目安箱(縦割り110番)に送ってみた

河野氏は、寄せられた意見のすべてに目を通す方針だ。 それはもちろん決まっています。 秘書や事務所の関係者などは必ず閲覧することになる。 。 9月16日、安倍晋三内閣が総辞職し菅義偉内閣が誕生した。

>

河野行革担当相「無駄な規制、報告して」 縦割り110番(目安箱)を開設

縦割り110番に対してメッセージを送った方は、「大臣として」の河野太郎氏にメッセージを送ったわけだろうと思うが、政治家個人のメールというものは、個人だけが見るということはありえない。 (私は支持者ではありませんし、信者でもありません。 第四の権力という恐ろしい影響力を持ちながら、莫大な税金紛いの資金を使い、報道の自由を「報道しない自由」に置き換え、国民に偏向報道を押し付けています。 右派左派問わず、国民が今いちばん怒っていることです。 16日の菅義偉総理の就任会見で指示された、縦割り行政について国民が情報を提供できる「縦割り110番」を自身のサイトに開設したことを明らかにした。

>

縦割り110番とは?意味や再開について!横割り110も登場?

河野大臣は自身のツイッターで目安箱の設置を告知。 これまでに約5000件が寄せられており、これらの意見については河野氏が目を通したうえで、規制改革などに有益と判断したものは担当部局に伝えるという。 ご意見の整理のため、新規の受付を一時停止させていただいております。 菅首相は16日におこなった総理就任会見で、河野大臣に「縦割り110番」のようなものを設置することを指示したと明かしていたが、それを受けて河野行革相は17日の15時31分、自身のTwitterでこう宣言した。 しかし、問題はこの縦割り110番の投稿フォームが、当初河野太郎氏個人のWebサイト上に設置されていたことだ。

>

河野太郎行革担当相が鳴り物入りで始めた「行政改革目安箱 縦割り110番」の何が問題だったのか?

私がブレていると言うと「ブレていない、お前は立花氏の真意が解っていない、YouTubeを見ろ」信者達は必ずそう言います。 アレです。 よろしければ他の記事もお願いいたします。 すなわち、国民は税金の使い方を間違えた議員を、クビにすることができます。 ご意見の整理のため、新規の受付を一時停止させていただいております。 当初、すべての投稿を河野大臣が読むとしていたものの、投稿が殺到したため内閣府に開設することとなった、という。

>

縦割り110番とは?意味や再開について!横割り110も登場?

16日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon) [東京 18日 ロイター] - 河野太郎行革担当相は18日の閣議後会見で、自身が立ち上げた行政改革目安箱「縦割り110番」の受付を停止したことについて、予想を超える4000通ものメールが寄せられ、1人で返信する範囲を超えたためと説明した。 スーパーハンサム行政改革担当大臣 河野太郎様 単刀直入に申し上げます。 「無駄な規制、仕事を妨げている規制、役所の縦割りで困っていること」などについて情報提供を要請。 あのな、 YouTubeを見ていない人達も選挙に行くんだぞ。 しかし、問題はこの縦割り110番の投稿フォームが、当初河野太郎氏個人のWebサイト上に設置されていたことだ。 NHKをクビにする権限を国民にください。 圧倒的な人気です。

>

河野太郎行革相が早速『目安箱』設置「全てのメールに本人が目を通します」 反響大きく…「さすがの行動力」

河野太郎行革担当相は18日、17日に自身のホームページに設置したばかりの「行政改革目安箱(縦割り110番)」について、新規受け付けを一時停止するとツイッターで発表した。 8時前には 行政改革目安箱(縦割り110番)に予想を遥かに超える数のご意見をいただきました。 さすが、河野太郎大臣ですね。 それでは何の役にも立ちません。 本文中にも書きましたが、それは総務省の管轄だと言うのなら、それがもう縦割りなのです。 目安箱に関して、ブロックチェーン業界側からは、bF BlockchainのCEOで日本ブロックチェーン協会 代表理事を務める加納裕三氏が、「これは活用すべきでしょう」と活用の重要性を訴えている。

>