対照 意味。 「対象」と「対照」と「対称」の違い!使い分けは?

「対照的」の意味と使い方は?「対称的」との違いや類語表現も解説

意味はそれぞれ違います。 したがって「対照」は、つき合わせた2つのものの違いがはっきりしているという意味になるのです。 対象の対の字は「向かい合っている」という意味で、象の字は「かたち」という意味を持っています。 「対照的」と「対称的」の違い 「対照的」と 「対称的」は、 「2つのもの」を意味していますが、 「対照」は 「比較する」、 「対称」は 「釣り合う」というニュアンスgはあります。 その他にも、異なるものを表現する言葉として、次のような表現があります。

>

対照とは

「比較対照」というように並べて使われることも多いです。 「対照的」と言うからには、厳密に違う点を取り出して、際立った点を説明する必要があります。 建築物や絵画で作られる図形が、左右、上下で、基準となる点、線、面に対して、鏡で映したように同形となるものを言います。 「対立的」・・・二つの間に相対しているさまを言います。 「同一的」・・・二つのものが全く同じものに見える状態を言います。

>

『対象』『対照』『対称』の意味の違いと使い分け

お互いが調和を持って釣り合うこと・向き合っている二つの線や点や面などが釣り合う位置にあることを表します。 「左右対称」「対称図形」「点対称」などと使う。 このように、「対称」は図形について話すときによく使われます。 簡単に言えば 「あの人はいい人だ」という意味と同じです。 なお接尾辞「的」は名詞について、そのような性質を持っていることやそのような様子であることを表す働きをしています。

>

「対象」「対照」「対称」

「対称的」を使った例文と意味を解釈 「このエリアの街並みは見ていると、まるで道路をはさんで対称的な位置をなしているかのように家が軒を連ねている」 ここで 「対称的」を使っていますが、 「左右対称」というようなニュアンスを持っています。 二つが向き合う」、「象」は「物の形。 同音異義語である「対象」という言葉も、「行為の目標や対象となるもの・ターゲット」という意味です。 対称の意味 対称とは 対称とは、 二つのものの釣り合いが取れていること、二つのものが等しいことを意味しています。 さらに両者の違いがはっきりしている場合や、対立関係にある場合などに用います。 「先週とその前週のトラフィックを対比する」 「この2つの製品を対比してみると、それぞれの特徴がより鮮明になる」 「散村は集村と対比して語られることが多いが、世界的に広く見られる集落形態である」 「和や大和は古くから日本を示す言葉で、漢や洋など外国からの事物に対比して使われる」 「ユーザ自身が部品を調達して組み立てたパソコンは、電機メーカーなどが販売する組み立て済みのパソコン、メーカーブランドのパソコンと対比する意味で自作パソコンと呼ばれる」 「晴れた青空と木々の緑が鮮やかな対比をなしている」 「白で統一された街並みと鮮やかな青空が見事な対比をなしている」 「新製品の売れ行きが好調で今月の売上は前年対比で3倍となっている」 「理性は伝統的に、感覚、感情・情動、情念等と対比的に用いられてきた」 「ビジネスとして全く異なる製造業とサービス業の生産性を対比したところで意味は感じられない」.。

>

対照的の意味とは?反対語・類語・例文・英語表現は?

性質の異なるものの違いがきわだつこと。 「好人物」とは、気立てが良い人、善人という意味で使います。 左右で同じ構図をしていることを「左右対称」といいますよね。 「対象」の使用例 学生を対象とした調査 非難の対象となる 研究対象 恋愛対象 「対称」の使用例 左右対称の文字 線対称・点対称・面対称 対称図形 「対照」の使用例 コピーと原文とを対照する 比較対照する 貸借対照表 好対照の二人 対照の妙. 線対称• 互いに対立する二つの要素が際立つこと。 このような意味とは別の対象の使い方をしているのが、「対象年齢」や「対象商品」などの文言に含まれる対象です。

>

「対象」「対称」「対照」の違い

整理してみると、 「対照的」は 「2つのものに大きな相違点が見られること」で、 「対称的」は 「2つのものに同じところがあったり、1つのものに同じところがある」というような意味になってきます。 「雲泥の差」、「大差がある」、「乖離している」、「かけ離れている」、「月とすっぽん」などの表現があります。 二つが向き合う」、「称」は「左右がつりあう」を意味します。 この言葉がよく使われる場面としては、二つの物事の差異が際立っていることを表現したい時などが挙げられます。 そこで今回は「対象」「対称」「対照」の意味と使い分けについて解説していきます。

>

「対称」と「対照」はどう違いますか?それと、「対称的」と「対照的」...

言い回しとしては、• まとめ いかがでしたでしょうか。 二つの事物をつき合わせて、その相違を見るときに用いるが、そのつき合わせるものは、はっきりと対になっていることが多い。 一方の 「対称的」は 「形や配列などが全く同じこと」を意味する言葉となります。 「昨年のと比較する」「比較にならない実力の差」などでは、普通「対照」「対比」は使わない。 「対」は「向かい合う。

>